*

女性集客展示場に!かわいいハートポップ

公開日: : 最終更新日:2015/04/11 他店との差別化, 展示場PR

SONY DSC

ガラガラっと入店後、こんなインパクトあるパネルはいかがですか?!?

こんにちは(^^)森田です♪

 

実際に想像してみてください・・・・・・・

自分がお店に入ってきた時、こんなパネルがあれば”なにこれ!?”ってすっごく興味が湧き近づきますよね、内容を読んでみると購入している方の声や写真のギャラリーとなっている。

読まされている感なく、お客様に伝えたい情報をお伝えすることが可能!

普通じゃ嫌だ!お客様に楽しんでもらいたい!と思っている車屋さんに是非!

しかもお客様自分も、ますます参加していただけること間違いなし▼笑

お客様に熱い情熱をハートポップに語って頂きましょう!

こんなとこに飾ってもおっしゃれ~♪

SONY DSC

 

実際にはこんなことを書いてます。 

SONY DSC

上記写真のように、お客様へのアンケートを反映しても◎

お客様の購入時の写真をギャラリーにしても◎ 

みんなに愛されるハート型のポップ

もちろん!通常通り、車に設置するのでもポイントになって◎

SONY DSC

使い方なんて、こんなに簡単!▼

SONY DSC

 

SONY DSC

吸盤がセットでついてきますので、それで設置するだけ▼

どこでも設置できますので、設置場所にも困る事はありません!

14

いかがでしたでしょうか?

POP製作に時間をかけれない!無論パソコン打ち派!冷たい印象のテキストでは心は伝わりません。

この機会に是非取り入れてみて、皆さんもこのPOPでお客様と一緒に現場を楽しみましょう♪

 ハートポップはこちらから▼

37706070

関連記事

12602547

ポリシートカバーで納車前の顧客イメージUPを!

こんにちは!記事担当のエノヤンです。 今回は私が展示場で感じた不安・・・・です。 展示車に乗

記事を読む

IMG_4343

十五夜お月様のウェルカムボードできました!

来店されるお客様にちょっとした温もりを! 永年無料で印刷できます!→ エアプラで印刷する

記事を読む

万国旗-フリー

君は展示場にある万国旗の本当の意味を知っているか?

万国旗の起源 自動車販売店でもマストなアイテム。 ところで万国旗はいつ頃から目にするようになった

記事を読む

のぼり画像_特大サイズ

のぼり旗で展示場を広く見せる方法

ぐぅ!ぐぅ!ぐぐぐぐぐぐ・ぐ・ぐ・ぐっ! 今回の記事を担当するタイツ社長ことタイツ社長です。

記事を読む

MIYAKO85_uchiagerareta20140726500-thumb-1000xauto-5137

自分、ポップを作るのにもう疲れました。

そんなあなたに、女子ポップ。 このポップ!このデザイン!イキまくり! か

記事を読む

スクリーンショット 2017-09-08 18.32.37

「クルマを買う理由」、作りませんか?

こんにちは。 イプラ代表の小田です。 いよいよ来月はハロウィンですね。 昨年のハロウィ

記事を読む

コンビニ

エアプラで作成したA3対応のプライスボードを最寄りのコンビニで受け取りできるサービスのご紹介【サークルケーサンクス/ファミリーマート/ローソン編】

『パソコンでキレイにプライスボード作成できるエアプラを使いたいのだけど会社にA3対応のプリンタがなく

記事を読む

スクリーンショット 2017-04-13 8.39.36

作るのは展示場ではない。「笑顔」だ。

笑顔作る「ゆるキャラ」プライスボード 雨に洗われた桜が咲き満ちたあとには 鯉泳ぐ若葉の風が息

記事を読む

img-main

コーナーを明確化!展示場に一工夫で集客を変える!

こんにちは!記事担当のエノヤンです♪ 展示場での迷子になるお客様をなくそう! 私の求めている車は

記事を読む

0808のぼり比較

のぼり旗を長持ちさせる方法

のぼり旗の色あせ。一体いつまでもつの? 季節や立地条件により異なりますが、集客効果を期待するレ

記事を読む

スクリーンショット 2018-06-16 15.49.35
差別化よりも独自性ある店づくり

検索でモノを買わなくなる時代 現代は「つながりの経済」と言われて

スクリーンショット 2018-06-07 16.00.41
オリコ瞬サポ君からの転送方法【エアプラ】

IPLA_LOGO_2
イプラはこんな社風です

スクリーンショット 2018-05-19 18.44.27
たった30秒で作れる効果絶大POPのご提案

スクリーンショット 2017-06-14 10.38.41
月刊イプラ新聞6月号

今月のイプラ新聞が発刊されました! 「月刊イプラ新聞6月号」電子

→もっと見る

PAGE TOP ↑