*

活力朝礼15【律儀な人】

念を入れて生きる

 些細なことだが、こういう律儀な人がいる。

●コンビニでお手洗いを借りたら必ず買い物をする。

●自転車が横倒しになっていたら立ててあげる。

●足元にゴミが転がっていたら拾ってごみ箱に入れる。

●ファミレスで会計するときは「ごちそうさま」をいう。

●車で合図をしてくれたら、軽く頭を下げる。

誰が見ているわけでもなく、誰から強制されたことでもない。

したがって、そうしたからといって、誰もほめてくれないのだが、こういう振る舞いをごく自然にやれる人は、本物の社会性を身につけている。

一つひとつを見れば、どういうことのないものばかりだが、できる人とできない人いるのはなぜか。

社会性への自覚があるかないかの差なのだ。

社会性をひと通り身につければ、黙っていてもそれだけで人間的魅力度の平均点はとれるのだ。

小さなこと一つひとつを、揺(ゆる)るがせにしないで生きることはとても大事だ。

なおざりにしない、おろそかにしないこと。

それは例えば…

それは、小林正観さんの言う、「念を入れて生きる」という生き方。

「念」という字を分解すると、「今」と「心」と書く。

今、目の前にいる人、目の前にあることを大事にする心のこと。

つまり、目の前にいる人に喜んでもらう生き方。

愚痴や悪口や不平不満を言わず、明るく感謝の心で接すること。

一瞬一瞬を念を入れて生きたい。

【朝の問いかけ】
朝会社に入ってくる時の挨拶も「社会性」。周りを暗くさせる挨拶と誰かを元気にさせる挨拶。どちらが「社会性」を身につけた人でしょうか。気づけば学ぶ。学べば行動を変える。行動が変われば人生が変わる。


公開日:

スクリーンショット 2018-05-19 18.44.27
たった30秒で作れる効果絶大POPのご提案

スクリーンショット 2017-06-14 10.38.41
月刊イプラ新聞6月号

今月のイプラ新聞が発刊されました! 「月刊イプラ新聞6月号」電子

PPIMGL1670_TP_V
雨の日に売上を上げる方法

「イプラ女性来店率UPセミナー」東京会場にて いよいよ梅雨入り目前で

haha160306000I9A2079_TP_V
母の日の展示場準備はお済ませですか?

連休の最終日はあいにくの雨模様でしたが 皆さま、ゆっくり過ごされ

スクリーンショット 2017-12-10 23.09.48
セミナー事業

女性来店率UP!集客改善セミナー あいおいニッセイ同和損保様より講演

→もっと見る

PAGE TOP ↑