*

1.サイトリニューアル【CSR初稿】

 

CSRの取り組みについて

スクリーンショット 2017-07-29 9.28.40

 

障がい者がアートで夢をかなえる世界を作る

イプラは一般社団法人障がい者自立推進機構【パラリンアート】のオフィシャルパートナーです。当社のクラウドサービス【エアプラ】では障がい者が描いたアート作品を多数採用しております。そのクラウドサービス利用料の10%が著作権報酬として支払われることによって障がい者アーティストの経済的自立を応援するソーシャルビジネスを展開しています。

スクリーンショット 2018-03-17 15.55.53

スクリーンショット 2018-03-16 8.37.18

障がい者が置かれている環境

日本国内の障がい者総数は約740万人と言われています(内閣府厚生労働省HP)。日本人口の約6%が何らかの理由で障がいを抱えており、それを支える周囲の支援者(家族やパートナー)まで含めると5人に1人(約2000万人)が障がい者支援に関わっています。うち就労している障がい者数は約49万人弱(全体の6%)、健常者の貧困率が16%であるのに対し障がい者の貧困率は56%と言われています(※平成22年厚生労働省「国民生活基礎調査」参照 貧困率とは、上記中央値の1/2未満の所得の者を指す)。

障がい者アートを応援するきっかけ

菴懷ョカ縲∽ス懷刀逕サ蜒冗ュ・000139806当社には勤続18年以上の知的障がいを持つスタッフがいます。彼女はお花の絵が上手で、時々私に絵を渡してくれていました。ある時、障がい者アーティストの自立支援を行うパラリンアートの存在を知り、彼女の作品を登録することにしました。

スクリーンショット 2017-07-29 15.27.24

しばらくしてパラリンアートより連絡がありました。彼女の作品がある社会福祉車両販売の企業パンフレットに採用されることが決定したのです。彼女の作品が採用されたことがきっかけで、障がい者自立推進機構のオフィシャルパートナーとして正式に参画することを決めました。

19905334_2030794750475453_8098690792751751033_n

言葉の意味は社会が創る

障がい者の「がい」はかつて「害」という字があてられていました(障害者)。

エアプラのデザインには当社スタッフの作品を含む同じ障がい者のアート作品を多数採用しています。採用されたアーティストには著作権報酬が支払われます。

そのことは障がい者アーティストの「生きがい」に変わり、イプラにとっても大きな「やりがい」の「がい」に変わりました。

言葉の意味は私たち社会が創ります。

世の中を変える3つの視点

世の中を変える3つの視点があります。

  • 個人の視点
  • 会社の視点
  • 社会の視点

私たちの事業がパラリンアートを通じて障がい者アートの支援につながっていくことを願い、これからも3つの視点を持ちながら自動車業界の発展に取り組んでまいります。

 


公開日:
最終更新日:2018/03/18

スクリーンショット 2017-12-10 23.09.48
セミナー事業

女性来店率UP!集客改善セミナー あいおいニッセイ同和損保様より講演

IMG_8488
障がい者アーティストへの支援活動報告【3月】

イプラで長年働いてくれるスタッフの作品 大手企業カタログで採用された

jpopicon
女性や若者の気持ちを察する展示場

先日、AmazonのAIスピーカー「アレクサ(エコードット)」が自宅に

スクリーンショット 2018-04-06 12.15.44
来店してから購入を決める理由

いよいよ桜薫る4月ですね。 新社会人や免許取立ての学生も生活に必

スクリーンショット 2017-07-29 9.28.40
障がい者アーティストへの支援活動報告【2月】

日頃より弊社サービス【エアプラ】をご利用いただきありが

→もっと見る

PAGE TOP ↑