2015年8月7日の社会貢献(今月の寄付金:14,350円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。

のぼり旗・フロアマット販売に付き収益の一部をシーセフに寄付しています。

8月の社会貢献

 

8月7日の社会貢献

今後も続けていきたいと思います。

以下シーセフについて

シーセフ

 

CIESFの始まりは、創設者大久保秀夫がカンボジアの地雷除去を長年していた友人から今後のカンボジアの支援を要請されたところからスタートしました。
カンボジアの現状を調べていくにつれ、カンボジアを支援するためには教育が大事だと感じました。
すべてのはじまりは教育であり、人の育成こそがこの国を救うことになる、と大久保は決心しました。
世界の中でも有数のODAの享受国であるカンボジアは、学校を始めとする建物や施設は近年多く建てられています。
しかし、そこで行われている教育は基礎部分が抜け落ち、基礎のないまま闇雲に教科書を丸暗記するようなものでした。
しかし、その建物の中の現状は・・・・・・。
―先生がいないこともある。
―先生の多くは副業のため、授業を休んでしまう。
―コンパスや分度器を使えない。理科の実験ができない。
こういった現状を抱えたまま、カンボジアの学校は存在しています。
生徒がしっかりとした教育を受けること、さらにその教育を施す先生自身が教育を受けること。
このことが今求められています。
私たちはこの課題に対し支援を行う団体として活動しています。

シーセフホームページより抜粋

当社の活動も一部紹介されています。

無題

関連記事

コピー (4) ~ コピー ~ 愛媛新聞

愛媛新聞【朝刊】に女子ポップが紹介されました。

自動車業界初 ポップ作成クラウドサービス 【女子ポップ】はコチラ

記事を読む

感謝状

感謝状をいただきました

カンボジア支援を行っている団体シーセフより感謝状をいただきました。 2年前にシーセフの存在を知り当

記事を読む

スクリーンショット 2017-07-29 9.28.40

障がい者アート支援のご報告【8月】

日頃より弊社サービス【エアプラ】をご利用いただきありがとうございます。 一般社団法人障がい者自

記事を読む

main

社会貢献型の新しい集客プロモーションの取り組み【エアプラ】

エアプラ利用が社会貢献に繋がる取り組み エアプラでは自動車展示場における新しい集客プロモーショ

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2015年10月27日の社会貢献(今月の寄付金:15,920円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗・フロアマット販売に付き収益の一部をシーセフに

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2014年5月16日の社会貢献(今月の寄付金:100,000円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗販売に付き収益の一部をシーセフに寄付しています

記事を読む

赤十字マーク

2016年6月15日の社会貢献(今月の寄付金:57,200円)

5月ののぼり旗収益の一部を熊本震災義援金に寄付させていただきました。   販売収益寄付

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2014年9月4日の社会貢献(今月の寄付金:6,350円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗販売に付き収益の一部をシーセフに寄付しています

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2015年7月16日の社会貢献(今月の寄付金:12,400円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗販売に付き収益の一部をシーセフに寄付しています

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2016年5月26日の社会貢献(今月の寄付金:10,250円)

イプラはシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗・フロアマット販売に付き収益の一部をシーセフに寄

記事を読む

スクリーンショット 2017-04-13 8.39.36
端午の節句「こどもの日」売り場演出します!

笑顔作る「鯉のぼり」プライスボード 雨に洗われた桜が咲き満ちたあ

スクリーンショット 2020-12-13 9.00.34
クルマを売らない売り方【中古車販売集客法】

クルマを売らない売り方【中古車販売集客法】  先日、鯛めし屋

女性ドライバー
女性目線で考える「また行きたくなる」自動車販売店とは?

女性ドライバーが増えてきた世の中で、 女性好みの「かわいい軽自動車

digital-marketing-1725340_1920
「鬼滅の刃」から学ぶ広告費のかけかた【中古車販売集客法】

 朝刊5紙が「鬼滅の刃」に 広告ジャックされました。

スクリーンショット 2020-11-13 15.15.54
女性が感じる中古車展示場の不満とは?【中古車販売集客法】

こんな寓話があります。 ツルがキツネをディナーに招いたが細長い壺

→もっと見る

PAGE TOP ↑