2016年1月29日の社会貢献(今月の寄付金:16,310円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。

のぼり旗・フロアマット販売に付き収益の一部をシーセフに寄付しています。

1月の社会貢献

page-0001 (1)

販売収益寄付総額 38万2,500円

今後も続けていきたいと思います。

以下シーセフについて

シーセフ

 

CIESFの始まりは、創設者大久保秀夫がカンボジアの地雷除去を長年していた友人から今後のカンボジアの支援を要請されたところからスタートしました。
カンボジアの現状を調べていくにつれ、カンボジアを支援するためには教育が大事だと感じました。
すべてのはじまりは教育であり、人の育成こそがこの国を救うことになる、と大久保は決心しました。
世界の中でも有数のODAの享受国であるカンボジアは、学校を始めとする建物や施設は近年多く建てられています。
しかし、そこで行われている教育は基礎部分が抜け落ち、基礎のないまま闇雲に教科書を丸暗記するようなものでした。
しかし、その建物の中の現状は・・・・・・。
―先生がいないこともある。
―先生の多くは副業のため、授業を休んでしまう。
―コンパスや分度器を使えない。理科の実験ができない。
こういった現状を抱えたまま、カンボジアの学校は存在しています。
生徒がしっかりとした教育を受けること、さらにその教育を施す先生自身が教育を受けること。
このことが今求められています。
私たちはこの課題に対し支援を行う団体として活動しています。

シーセフホームページより抜粋

当社の活動も一部紹介されています。

無題

関連記事

IMG_8488

障がい者アーティストへの支援活動報告【3月】

イプラで長年働いてくれるスタッフの作品 大手企業カタログで採用されたスタッフの作品 日頃よ

記事を読む

pictureimage

カミジョウミカさんの絵がエアプラで採用されました

プライスボードにパラリンアートを採用 「猫たちの記念写真」 アート作品「猫たちの記念写真

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2016年4月28日の社会貢献(今月の寄付金:13,760円)

イプラはシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗・フロアマット販売に付き収益の一部をシーセフに寄

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2015年9月10日の貢献(今月の寄付金:8,330円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗・フロアマット販売に付き収益の一部をシーセフに

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2016年6月30日の社会貢献(今月の寄付金:12,880円)

イプラはシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗・フロアマット販売に付き収益の一部をシーセフに寄

記事を読む

赤十字マーク

2016年5月26日の社会貢献(熊本震災義援金:7,460円)

4月ののぼり旗収益の一部を熊本震災義援金に寄付させていただきました。 販売収益寄付総額 7,4

記事を読む

スクリーンショット 2017-07-29 9.28.40

障がい者アート支援のご報告【9月】 21,290円

日頃より弊社サービス【エアプラ】をご利用いただきありがとうございます。 一般社団法人障がい者自

記事を読む

bsC777_tewonigiriaukibito

熊本震災復興の支援活動報告

  復興活動支援について   さきの地震において亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます

記事を読む

コピー (4) ~ コピー ~ 愛媛新聞

愛媛新聞【朝刊】に女子ポップが紹介されました。

自動車業界初 ポップ作成クラウドサービス 【女子ポップ】はコチラ

記事を読む

コピー ~ シーセフ

2014年11月13日の社会貢献(今月の寄付金:8,690円)

愛媛企画はシーセフの活動を応援しています。 のぼり旗販売に付き収益の一部をシーセフに寄付しています

記事を読む

スクリーンショット 2020-11-13 15.15.54
女性が感じる中古車展示場の不満とは?【中古車販売集客法】

こんな寓話があります。 ツルがキツネをディナーに招いたが細長い壺

飲み物にスイーツ
気の利いた自動車販売店はドリンクがフリーに?

多くの女性が車を乗る時代です。 でも、「自動車販売店って、女性ひと

handshake-4011416_1280
ポストコロナで『車のオンライン販売』は加速するか?

ポストコロナで車のオンライン販売は加速する?  先日、こんな記事があ

数字とにらめっこしない
自動車販売店が女性向けに行っている努力とは?

多くの女性が、当たり前に車を持つようになってきました。 そこで、多

女性が拒む自動車販売店
こんな自動車販売店は行きたくない!女性が拒むお店とは?

女性1人で自動車販売店に行くのは、 ちょっと勇気がいるようです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑