エアプラは経済産業省のものづくり支援事業に選ばれています

認定バナー

平成27年度補正予算「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」について、平成28年2月5日(金)から4月13日(水)まで公募を行いました。この期間に申請のありました24,011件について、厳正な審査を行った結果、7,729件を採択しました。(経済産業省中小企業庁HPにて当社事業が掲載されています)

中小企業庁ホームページよりhttp://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2016/160606mono.htm

スクリーンショット 2016-11-09 10.14.51

イプラでは女性が関心を向けるプライスボードやポップをパソコンから印刷するサービスを独自に研究・開発を行い、自動車販売店であるクライアント企業が戦略的に優位に立てる為の集客支援サービスを行っております。
 
 
そして今回、自動車業界において目新しい女性集客サービスの提供などの取り組みが「経営革新計画」に値すると認められ承認されました。
 
 
国からの承認により新事業としての「社会的な責任」も負うことになり、イプラが自動車業界を変革する責任と重みを改めて感じております。
 
社外品で収益を実現する高品質の日本製マットやサイドバイザー業販マットバンク代理店制度、女性集客を加速させるカーキュート代理店制度など自動車業界の店舗集客に関するご相談は、経験のある専門のSP(セールスプランナー) が丁寧にお答えします。まずはお気軽にお問い合わせください。
 
 
文責:株式会社イプラ
代表取締役 小田泰平

ものづくり補助金申請書面

関連記事

01d185124b31e3ff9658a98bc4a1f33e-530x476

経済レポートに女子ポップが紹介されました。

   

記事を読む

IMG_4344

ハロウィンのウェルカムボードできました!

来店されるお客様にちょっとした心配りを! 永年無料で印刷できます!→ エアプラで印刷する

記事を読む

IPLA_LOGO_2

イプラの事業案内

イプラの事業案内

記事を読む

IMG_4343

十五夜お月様のウェルカムボードできました!

来店されるお客様にちょっとした温もりを! 永年無料で印刷できます!→ エアプラで印刷する

記事を読む

スクリーンショット 2017-09-08 18.32.37

【中古車販売集客法】「クルマを買う理由」、作りませんか?

こんにちは。 イプラ代表の小田です。 いよいよ来月はハロウィンですね。 昨年のハロウィ

記事を読む

スクリーンショット 2017-01-31 15.43.26

2月いっぱいプライスボードが無料で使える!エアプラ無料キャンペーン

期間中プライスボードがすべて無料で使えます 一度、無料体験終了した方も再び体験できます! 以

記事を読む

スクリーンショット 2017-07-31 20.47.29

車種名を入れるだけでポップが作れるITクラウドを利用した働き方改革

誰でも簡単に作れるポップ作成 これから人口減少に突入する日本。ITクラウドを活用した「働き

記事を読む

スクリーンショット 2017-12-06 21.58.08

あいおいニッセイ本社セミナー講演

あいおいニッセイ同和損保東京本社にて「女性来店率アップセミナー」を講演しました。 遠くは仙台か

記事を読む

スクリーンショット 2017-02-18 8.17.11

総決算大売り出しデザインご用意しました【エアプラ】

定期的な変化をつけることが顧客の注目を集め、集客に繋げます! 売り場に変化をつけるならコチ

記事を読む

広報誌トライアングルにイプラが紹介されました。

広報誌トライアングルにインタビュー記事が掲載されました!!

記事を読む

スクリーンショット 2017-04-13 8.39.36
端午の節句「こどもの日」売り場演出します!

笑顔作る「鯉のぼり」プライスボード 雨に洗われた桜が咲き満ちたあ

スクリーンショット 2020-12-13 9.00.34
クルマを売らない売り方【中古車販売集客法】

クルマを売らない売り方【中古車販売集客法】  先日、鯛めし屋

女性ドライバー
女性目線で考える「また行きたくなる」自動車販売店とは?

女性ドライバーが増えてきた世の中で、 女性好みの「かわいい軽自動車

digital-marketing-1725340_1920
「鬼滅の刃」から学ぶ広告費のかけかた【中古車販売集客法】

 朝刊5紙が「鬼滅の刃」に 広告ジャックされました。

スクリーンショット 2020-11-13 15.15.54
女性が感じる中古車展示場の不満とは?【中古車販売集客法】

こんな寓話があります。 ツルがキツネをディナーに招いたが細長い壺

→もっと見る

PAGE TOP ↑