*

君は展示場にある万国旗の本当の意味を知っているか?

万国旗の起源

自動車販売店でもマストなアイテム。

ところで万国旗はいつ頃から目にするようになったのだろう。

調べてみるとなんと明治時代。

なんとかれこれ100年前。

日本に渡来する船舶が軍用ではない友好の証として日の丸と自国の旗を同時にはためかせて入港したのが始まりらしい。万国博覧会でも多くの旗が見られ、他国の者同士が力を合わせて仲良くする、というニュアンスが運動会でも使われることになったらしい。

万国旗の種類

いったいどのくらいの国旗が使われているのだろうか。

世界の国家は195か国。

そのうち以下の8か国が万国旗には使用されている。

フランス

フランス

通称「トリコロール(Tricolore、三色の意)」と呼ばれ、世界で最も有名な国旗の一つ。 

アメリカ

アメリカ合衆国
縞模様は独立当時の13の入植地を表し、星は現在の州を表している。

カナダ

カナダ
カエデを中央に配した赤と白の二色旗。

イギリス

イギリス(UK)
英国の国旗「ユニオン・フラッグ」は一般に「ユニオン・ジャック」として知られている。

ドイツ

ドイツ
上から順に黒・赤・金の三色で構成される。

オランダ

オランダ
世界最初の三色旗(トリコロール)といわれ、様々な国旗に影響を与えた。 

スウェーデン

スウェーデン
ちょっと調べるの疲れたので省略。

日本

日本
国家統治の象徴として太陽を象った旗。

【知ってた?】世界各国の国旗の由来・成り立ちが面白いhttp://matome.naver.jp/odai/2136418491064543201?&page=1

子供の時に見た、運動会で大空に広がる万国旗。

熱気がピストルの火薬の匂いとともによみがえる。

子供の頃のワクワクやドキドキを自動車展示場のトキメキに変える。

image

万国旗2,380円より。

関連記事

IMG_1783

整備オイルが付いても安心のPVC座席シートカバー!

今起きた人も、これからお休みの人もコンニチハ~! タイツ社長販売促進課のエノヤンでございます。

記事を読む

SONY DSC

女性集客展示場に!かわいいハートポップ

ガラガラっと入店後、こんなインパクトあるパネルはいかがですか?!? こんにちは(^^)森田です

記事を読む

画像3

保護中: 女性来店率UPセミナー【完全版パスワード保護】

【プロローグ】イプラの存在意義 【第1章】自己紹介(3分1秒) 【第2章】モーター業界で感じ

記事を読む

no image

保護中: エアプラ非公開機密情報【Code S】

エアプラソフトケースS【A3】 エアプラソフトケースS【A4+A4分割用】

記事を読む

IMG_8366

イプラの目指す顧客感動

第一印象は6秒で決まる 今日は社内メンバーに向けて研修を行いました。テーマは当社が目指す「顧客感動

記事を読む

IPLA_LOGO_2

イプラの存在意義について

母からの一本の電話 私が会社の経営権を引き継いだのは今からおよそ14年前です。創業から30年続いた

記事を読む

IMG_1867

車輌の魅力を華やかに発信!イルミカラーでPR!

\こんにちはー!ヘックシュ!!季節の変わり目に弱いエノヤンです!汗/ 山の木々が色鮮やかに紅葉

記事を読む

no image

女子ポップ始動!かわいいいデザイン!カラフルポップで女性どっと来る!

  女子ポップの使い方   パソコンでデザインを選ぶ プ

記事を読む

女子ポップ通信雛形3月

“JOSI POP NEWS” 女子ポップ通信 3月号

記事を読む

o0480032013473724570

愛媛大学応援団とコラボレーション

「若者を応援しませんか?」 そんな友人の一言から始まった 受験生に向けたエール企画。 訪ねたの

記事を読む

板金修理
2【鈑金集客法】:鈑金工場の無料集客法

  鈑金塗装工場の集客法 (お金を掛けない編) &nb

スクリーンショット 2019-03-16 13.55.16
【中古車販売集客法】:売るのはクルマではなく●●

■ 東京ビッグサイトで開催されている国際オートアフターマーケット(IA

publicdomainq-0013155janpfy
【中古車販売集客法】:顔出しすると株価が上がる!?

  東洋経済オンラインで こんな見出しを目にしました。

板金修理
1【鈑金集客法】:鈑金工場に直接お客を呼び込む秘訣とは?

鈑金塗装工場を安心してご利用いただくためには情報公開がすべて 板金塗

o0271038413898515887
【中古車販売集客法】:近江商人に学ぶ「クルマが売れる店」「売れない店」

近江商人の「てんびんの詩」をご存知ですか? てんびんの詩 第一部

→もっと見る

PAGE TOP ↑